バイオインフォマティクス

生命情報学に関する基本的な理論や解析ソフトウェアの使用方法について.

20種類のアミノ酸の中で,生体条件下において電荷を有するものがある.D (アスパラギン酸),E (グルタミン酸),R (アルギニン),K (リジン)の4つである.これらの DERK の4つは,さらにふたつのグループ,すなわち,酸性アミノ酸と塩基性アミノ酸のふたつに分類される.D と E は酸性アミノ酸であり,生体条件下ではマイナスに荷電する.一方で,R と K は塩基性アミノ酸であり,生体条件下ではプラスに荷電する.特に R の絶対電荷は20種類のアミノ酸の中で最も大きい.これらふたつの塩基性アミノ酸は正電荷であるため,生体内で負電荷を帯びる核酸 (DNA および RNA) と結合し易い.ただし,これら DERK の4つが荷電して,このように塩基性と酸性に分割されるのは,生体内の中性条件下に限定される.なお,H (ヒスチジン) を塩基性アミノ酸に分類することもある.

荷電アミノ酸詳細
D (アスパラギン酸)酸性アミノ酸 (負電荷)
E (グルタミン酸)酸性アミノ酸 (負電荷)
R (アルギニン)塩基性アミノ酸 (正電荷)
K (リジン)塩基性アミノ酸 (正電荷)
Hatena Google+