アミド結合とペプチド結合

タンパク質はアミノ酸と別のアミノ酸がアミド結合することで構成されるが、このアミノ酸同士のアミド結合のことを特にペプチド結合と呼ぶ。リジンとグリシンによって形成されるアミド結合はペプチド結合の一例となる。一方で、リジンと低分子化合物もアミド結合を形成し得るが、この場合の結合はペプチド結合とは言わない。この場合は、単にアミド結合である。

生体内においてアミノ酸はリボソームによって触媒される縮合反応によりアミド結合を形成する。この縮合反応が繰り返し行われることで長鎖のポリポプチド、さらにはタンパク質が形成される。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Site search

ページのトップへ戻る