GCCのインストール

ルート権限がない状況においてGCCをインストール (更新) するには以下のようにする。インストール手順はさかな前線に簡潔にまとめられており参考になる。最初にGCCのインストールに必要な GMP、MPFR、MPC と GCC の本体をそれぞれ以下のページからダウンロードする。

それらを適当なディレクトリ install に入れる。

1|$ls install
gcc-4.9.2.tar.gz gmp-6.0.0a.tar.bz2 mpc-1.0.2.tar.gz mpfr-3.1.2.tar.gz

GMP を以下のようにインストールする。インストールは $HOME/executable にする。

1|$tar xf gmp-6.0.0a.tar.bz2
2|$pushd gmp-6.0.0
3|$./configure --prefix=$HOME/executable
4|$make
5|$make install
6|$popd

次に、MPFR をインストールする。インストールは同じく $HOME/executable にする。

1|$tar xf mpfr-3.1.2.tar.gz
2|$pushd mpfr-3.1.2
3|$CFLAGS=-I$HOME/executable/include LDFLAGS=-L$HOME/executable/lib ./configure --prefix=$HOME/executable
4|$make
5|$make install
6|$popd

次に、MPC をインストールする。インストールは同じく $HOME/executable にする。

1|$tar xf mpc-1.0.2.tar.gz
2|$pushd mpc-1.0.2
3|$CFLAGS=-I$HOME/executable/include LDFLAGS=-L$HOME/executable/lib ./configure --prefix=$HOME/executable
4|$make
5|$make install
6|$popd

次に、GCC をインストールする。インストールは同じく $HOME/executable にする。

1|$tar xf gcc-4.9.2.tar.gz
2|$pushd gcc-4.9.2
3|$CFLAGS=-I$HOME/executable/include LDFLAGS=-L$HOME/executable/lib LC_ALL=C ./configure --prefix=$HOME/executable --with-gmp=$HOME/executable --with-mpc=$HOME/executable --with-mpfr=$HOME/executable --disable-multilib
4|$make
5|$make install
6|$popd

最後に、bashを使っている場合は~/.bashrcに以下の2行を追加する。

PATH=$HOME/executable/bin:$PATH:

export LD_LIBRARY_PATH=$HOME/executable/lib:$HOME/executable/lib64:

次回ログイン時、または .bashrc を更新後から gcc を使用できる。ソースコード sample_1.cpp は以下のようにコンパイルできる。オプション -o で生成するプログラムの名前を指定できる。

1|$g++ sample_1.cpp -o program_1
このエントリーをはてなブックマークに追加

Site search

ページのトップへ戻る