四捨五入

Perl にて四捨五入をする方法のひとつには Math モジュールの関数 nearest() を使う手がある.関数 nearest() では四捨五入する桁数を指定することができる.この関数を使うには,Math::Round モジュールをインストールする.モジュールは cpanm 等を使うことでルート権限なしでも簡単にインストールできる.関数 nearest() は以下のように用いる.

nearest(四捨五入する桁数,対象の数値)

実際には以下のように用いる.

#!/usr/bin/perl
use strict;
use warnings;
use Math::Round;

print nearest(0.01, 57.546),"\n";
print nearest( 0.1, 57.546),"\n";
print nearest(   1, 57.546),"\n";
print nearest(  10, 57.546),"\n";

上のようなファイルを実行した結果は以下のようになる.

57.55
57.5
58
60

すなわち,四捨五入する桁数に,
0.01を入力すると小数第三位が四捨五入,
0.1を入力すると小数第二位が四捨五入,
1を入力すると小数第一位が四捨五入,
10を入力すると一の位が四捨五入される.

このエントリーをはてなブックマークに追加

Site search

ページのトップへ戻る