描画全般

プロットエリアへの矩形の描画

以下のようなコマンドで適当な散布図を描く。

1|$plot(0:9,pch=20,xlab="x value",ylab="y value",las=1)
矩形の描画1

このプロットエリアに対して、頂点 (2,2)、(4,2)、(4,4)、(2,4) からなる矩形を描くには以下のように打つ。

1|$polygon(c(2,4,4,2),c(2,2,4,4))
矩形の描画2

プロットエリアへ点を打つ

R において,プロットエリアを点を打つには points() コマンドを使用する.以下のように打つと,座標 (1,3) に点が打たれる.

1|$points(c(1),c(3))

以下のように書くと,座標 (1,3),(3,4) および (7,7) に点が打たれる.

1|$points(c(1,3,7),c(3,4,7))

楕円の描画

R において,確率楕円を描くには以下のようにする.ライブラリー ellipse を最初に読み込む.

1|$library(ellipse)

サンプルデータ cars を用いてプロットするには以下のようにする.以下のコマンドによって95%確率楕円が描ける.

1|$plot(0, type="n", xlim=c(-50,100), ylim=c(-50,150), xlab="", ylab="")
2|$polygon(ellipse(cov(cars), centre=colMeans(cars), level=0.95), lty=1, lwd=1, border="#ff0000")
確率楕円
このエントリーをはてなブックマークに追加

Site search

ページのトップへ戻る